>
知って得する!?医療情報局

かかりつけ医

 スーパーを何軒もまわって安く買い物をして食事代を節約、家の中の電気をこまめに消して電気代を節約などなど…日頃から"節約"を心がけている方は多いと思います。
 その中で「医療費の節約」はどうでしょうか?具合が悪いのに受診せずに我慢する必要はありませんが、ちょっとした心がけや知識を持つことで医療費を節約することができ、それが健康にもつながります。医療費節約のポイントをご紹介いたしますので、ご活用ください。


かかりつけ医

1.自分のためにかかりつけ医を持とう!

 「かかりつけ医」とは、日常的の診察や健康管理を行ってくれる身近なお医者さんです。
 今は健康に心配のない方でも、急な病気はもちろん、健康のこと、心配なこと、些細なことも気軽に相談できる「かかりつけ医」を持つことをお勧めします。

「かかりつけ医」のメリット
  • 生活習慣、病歴などを把握していることから、ちょっとした異変でも早期に発見し、
    病気の進行をくい止めてくれる。
  • 「はしご受診」がなくなり、薬の重複による危険や医療費のムダがなくなる。
  • 入院や検査などが必要な場合、適切な病院・診療科を指示、照会してもらえる。

「かかりつけ医」を選ぶポイント

「かかりつけ医」を選ぶポイント

このページの上へ

2.受診時間で窓口負担が変わる!?

 夜間や休日に受診をすると通常の料金に加え「時間外加算」等がかかり、医療費が割増になります。
例えば、休日に初診で受診をすると、2,500円が加算され、再診時でも1,900円加算されます。
 緊急時以外は、診療時間内での受診を心がけて無駄な医療費を節約しましょう!
 なお、いずれの加算についても健康保険が適用されます。


時間外受診と加算額
  初 診 再 診 調剤薬局
時間外加算
概ね8時前と18時以降
土曜日は8時前と正午以降
850円 650円 調剤基本料と同額を加算
休日加算
日曜日・祝日・年末年始
2,500円 1,900円 調剤基本料の1.4倍を加算
深夜加算
22時~6時
4,800円 4,200円 調剤基本料の2倍を加算
夜間・早朝等加算
(診療所のみ)
18時から8時
土曜日は正午~8時
500円
※診療時間内であっても加算されます。
夜間・休日等加算
19時~8時
土曜日は13時~8時
400円

(平成26年3月31日現在)


 夜間・休日などにお子さんの急な病気で心配になったら、まず、小児救急相談(#8000)を利用しましょう。
 小児科の医師や看護師から緊急受診の必要性の有無など、症状に応じた適切な対象方法などのアドバイスを受けられます。

小児救急電話相談

このページの上へ
知って得する!?情報医療局
  • 自分のためにかかりつけ医を持とう!
  • 受診時間で窓口負担が変わる!?
  • 人間ドックのご案内
  • 健診機関情報(健診機関名簿)
  • 24時間健康相談サービス
  • 健康インフォ
  • 巡回レディース健診
  • 婦人科がん健診
  • 無料歯科健診・オーラルケア
  • 家庭用常備薬
  • 申請書ダウンロード
  • 保養所空室情報
  • 直営保養所 強羅寮
  • 健保ニュース
  • 事業所健保担当者 専用ページ
  • 健保案内図