>
給付を受けるとき
>
柔道整復師などにかかるとき

柔道整復師などにかかるとき

柔道整復師(整骨院・接骨院)、鍼灸師、マッサージ師に健康保険でかかれる範囲は限られています。なお、はり・きゅう、マッサージは原則として保険医の同意が必要です。

※はり・きゅう、マッサージについては、平成31年4月施術分から立替払い(償還払い)のみの取り扱いです。

柔道整復師などにかかるとき

柔道整復師の施術を受けられる方へ

保険を使えるのはどんなとき
  • 整骨院や接骨院で骨折、脱臼、打撲及び捻挫(いわゆる肉ばなれを含む。)の施術を受けた場合に保険の対象になります。
  • なお、骨折及び脱臼については、緊急の場合を除き、あらかじめ医師の同意を得ることが必要です。
治療を受けるときの注意
  • 単なる肩こり、筋肉疲労などに対する施術は保険の対象になりません。このような症状で施術を受けた場合は、全額自己負担になります。
  • 療養費は、本来患者が費用の全額を支払った後、自ら保険者へ請求をおこない支給を受ける「償還払い」が原則ですが、柔道整復については、例外的な取扱いとして、患者が自己負担分を柔道整復師に支払い、柔道整復師が患者に代わって残りの費用を保険者に請求する「受領委任」という方法が認められています。 このため、多くの整骨院・接骨院等の窓口では、病院・診療所にかかったときと同じように自己負担分のみ支払うことにより、施術を受けることができます。
  • 柔道整復師が患者の方に代わって保険請求を行うため、施術を受けるときには、必要書類に患者の方のサインをいただくことが必要となります。
  • 保険医療機関(病院、診療所など)で同じ負傷等の治療中は、施術を 受けても保険等の対象になりません。

(厚生労働省のホームページより)

このページの上へ

はり・きゅうの施術を受けられる方へ

保険を使えるのはどんなとき
  • 主として神経痛、リウマチ、頸(けい)腕(わん)症候群、五十肩、腰痛症及び頸(けい)椎(つい)捻挫後遺症等の慢性的な疼痛を主症とする疾患の治療を受けたときに保険の対象となります。
治療を受けるときの注意
  • 治療を受けるにあたって、保険が使えるのは、あらかじめ医師の発行した同意書又は診断書が必要です。詳しくは、はり・きゅう施術所などにお尋ねください。
  • 保険医療機関(病院、診療所など)で同じ対象疾患の治療を受けている間は、はり・きゅう施術を受けても保険の対象にはなりませんので、ご注意ください。

手続きはこちら
※平成31年4月施術分より立替払い(償還払い)のみの取り扱いです。

マッサージの施術を受けられる方へ

保険を使えるのはどんなとき
  • 筋麻痺や関節拘縮等であって、医療上マッサージを必要とする症例について施術を受けたときに保険の対象となります。
治療を受けるときの注意
  • マッサージの施術を受けるにあたって、保険が使えるのは、あらかじめ医師の発行した同意書又は診断書が必要です。詳しくはマッサージ施術所などにお尋ねください。
  • 単に疲労回復や慰安を目的としたものや、疾病予防のためのマッサージなどは保険の対象となりませんので、ご注意ください。

手続きはこちら
※平成31年4月施術分より立替払い(償還払い)のみの取り扱いです。

(厚生労働省ホームページより)

ご協力ください!

当組合では医療費適正化のため、接骨院・整骨院での受診内容の審査を株式会社LSIメディエンスに業務委託しています。また、施術の内容について、文書・お電話で照会をさせていただく場合がありますので、ご協力をお願いいたします。

給付
  • 保険給付一覧
  • 病気やけがをしたとき
  • 医療費が高額になったとき(限度額適用認定証)
  • 医療費の助成を受けているとき
  • 立て替え払いをしたとき
  • 柔道整復師などにかかるとき
  • 病気で会社を休んだとき
  • 出産したとき
  • 亡くなったとき
  • 交通事故・業務上災害にあったとき
  • 貸付金制度
  • 人間ドックのご案内
  • 健診機関情報(健診機関名簿)
  • 巡回レディース健診
  • 婦人科がん健診
  • 無料歯科健診・オーラルケア
  • 家庭用常備薬
  • 申請書ダウンロード
  • 強羅寮予約ログイン
  • 直営保養所 強羅寮
  • 健保ニュース
  • 事業所健保担当者 専用ページ
  • 健保案内図