>
健康保険ガイド
>
後期高齢者(75歳になったとき)

後期高齢者(75歳になったとき)

 75歳(一定の障害があると認定された人は65歳)以上の人はすべて、新たに創設された「後期高齢者医療制度」に加入します。
 それまで加入していた健康保険からはずれ、都道府県単位の広域連合が運営するこの制度に加入します。
 一方、65~74歳の人は「前期高齢者医療制度」の対象となり、引き続き各医療保険制度で医療を受けますが、給付費については制度間で不均衡をならす財政調整が行われます。

健康保険に加入する人(被保険者)

後期高齢者医療制度の加入者

 後期高齢者医療制度に加入するのは75歳(一定の障害があると認定された人は65歳)以上のすべての人です。
 現在、健康保険組合に加入している被保険者および被扶養者は、75歳(一定の障害があると認定された人は65歳)以上になると、健康保険組合の資格を喪失し後期高齢者医療制度に加入することになります。
 また、後期高齢者医療制度等に該当する被保険者に75歳未満の被扶養者がいる場合はその被扶養者も健康保険組合を脱退し、国民健康保険等に加入します。

窓口負担 

 医療機関での窓口負担割合について、一般の人は1割、現役並みの所得者(課税所得145万円以上)は3割です。

保険料

 加入者全員が保険料を負担し、原則として年金からの天引きとなります。保険料は「所得割」と「均等割」の合計です。
 これまで保険料を負担していなかった被扶養者の方も、新たに保険料を負担することになりますが、所得に応じた軽減措置等があります。
 保険料額等については、お住まいの市(区)町村にある、後期高齢者医療制度担当窓口にお問い合わせください。

このページの上へ

75歳時の手続き

被保険者が75歳になったとき

 75歳該当日前までに、後期高齢者広域連合より新たな保険証が送付されます。75歳該当日以降、後期高齢者の保険証をご利用いただき、旧保険証を家族分も含め、事業所または当組合まで返却してください。
 後期高齢該当者に75歳未満の被扶養者がいる場合は、当組合から「資格喪失証明書」をお送りします。新たな健康保険加入時にご利用ください。

被扶養者の方が75歳になったとき

 75歳該当日前までに、後期高齢者広域連合より新たな保険証が送付されます。75歳該当日以降、その保険証をご利用いただき、該当者分保険証を、当組合まで返却してください。
 被扶養者脱退の届出が必要となりますので、健保組合または事業所担当者にご確認ください。

お住まいの市(区)町村にある、後期高齢者医療制度担当窓口までお問い合わせ下さい。
健康保険ガイド
  • 健康保険に加入する人(被保険者)
  • 健康保険に加入する家族(被扶養者)
  • 健康保険被保険者証
  • 70歳になったとき
  • 保険料の決め方
  • 産前産後休業・育児休業等期間中の保険料
  • 退職したとき
  • 任意継続被保険者
  • 特例退職被保険者
  • 後期高齢者(75歳になったとき)
  • 介護保険制度
  • 人間ドックのご案内
  • 健診機関情報(健診機関名簿)
  • 巡回レディース健診
  • 婦人科がん健診
  • 無料歯科健診・オーラルケア
  • 家庭用常備薬
  • 申請書ダウンロード
  • 強羅寮予約ログイン
  • 直営保養所 強羅寮
  • 健保ニュース
  • 事業所健保担当者 専用ページ
  • 健保案内図